見取算などについて

正直脱毛エステ > 見取算 > 見取算などについて

見取算などについて

勉強しました。そろばんをするとき、親指は一だまを入れる(足す)ときだけに使います。人さし指は、一だまをとる(引く)とき、五だまを入れるとき五だまをとるときに使います。たまを動かす順序を正確に覚え、確実に計算できるようにすることがたいせつです。加算や減算を行うときの計算の形式には、見取算・読上算・伝票算などがあります。見取算は、紙面に並べて書かれている数を、自分でみながら計算する方法です。見取算は、伝票算とともにビジネス活動では多くの場面で利用されています。自分の能力に応じたはやさで計算することができるので、加減算の練習に適しています。計算は、左手でそろばんの左はしを軽くおさえ、左手でそろばんを引き下げながら1口目(1行目)・2口目(2行目)と順に計算をしていきます。読上算は、読み手の読み上げる数を聞きながら、計算する方法です。読上算は、紙面の数字をみず、計算だけに集中できるので加減算の練習方法として効果的です。伝票算は、伝票類や小切手・手形・領収証などに記載されている数を、1枚ずつめくりながら計算する方法です。左手で伝票をめくりながら計算するので、そろばんを安定させておくことがたいせつです。

難消化性デキストリンサプリメントおすすめ